香取 秀俊

香取 秀俊

東京大学
大学院工学系研究科 物理工学専攻 教授

理化学研究所
香取量子計測研究室 招聘主任研究員/
光量子工学研究領域・エクストリームフォトニクス研究グループ・時空間エンジニアリング研究チーム チームリーダー(兼任)

生年月日 1964年9月27日
E-mail katori(at)amo.t.u-tokyo.ac.jp


60秒でわかる?光格子時計で、日常に現れる相対論の世界を可視化する

光格子時計で、日常に現れる相対論の世界を可視化する

新しい時間をつくる(精密工学会誌, Vol.80, No.1 (2014))

学歴

出身高校土浦第一高等学校
1988年4月東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 修士課程入学
1990年3月東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 修士課程修了
1991年7月東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 博士課程中途退学
1994年10月東京大学大学院 論文博士(工学)

職歴

1991年8月東京大学工学部・教務職員
1994年4月東京大学工学部・助手
1994年10月東京大学大学院 論文博士(工学) 取得
1994年9月ドイツ、マックスプランク量子光学研究所・客員研究員
1997年3月東京大学工学部・助手退職
1997年3月科学技術振興事業団・戦略的創造研究推進事業 研究員
1997年10月科学技術振興事業団 五神協同励起プロジェクト・基礎グループリーダー
1999年4月東京大学工学部附属総合試験所 協調工学部門・助教授
2002年10月科学技術振興事業団・さきがけ研究・研究員兼務
2005年4月東京大学大学院工学系研究科 物理工学専攻・助教授
2005年10月科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業・研究代表者
2010年5月東京大学大学院工学系研究科 物理工学専攻・教授、現在に至る
2010年10月科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業・ERATO香取創造時空間プロジェクト研究総括、現在に至る
2011年4月独立行政法人理化学研究所・基幹研究所・香取量子計測研究室・招聘主任研究員
2014年4月独立行政法人理化学研究所・香取量子計測研究室・招聘主任研究員/同研究所・光量子工学研究領域・エクストリームフォトニクス研究グループ・時空間エンジニアリング研究チーム・チームリーダー(兼任)、現在に至る
2014年4月チュービンゲン大学(ドイツ)Distinguished Guest Professorに招聘(2017年3月までの予定)

受賞歴

国際学術賞

2011年The Philipp Franz von Siebold Prize 2011
2008年2008 RABI AWARD, “For outstanding contributions to the invention and development of an optical lattice clock”
2005年Julius Springer Prize for Applied Physics, “For his pioneering work on ultrahigh precision optical clocks and its enormous impact on basic research as well as on a great variety of applications”
2005年European Time and Frequency Award, “For a brilliant break-through in the field of optical frequency standards”

国内学術賞

2015年第16回応用物理学会業績賞(研究業績)、「光格子時計の先駆的研究」(2月1日)
2015年日本学士院賞、「光格子時計の発明とその開発」(3月13日)
2014年秋の紫綬褒章、「量子エレクトロニクス研究の功績」(11月3日)
2013年2013年度 仁科記念賞、「光格子時計の発明」(11月7日)
2013年第54回藤原賞、「光格子時計の発明と実現による高精度原子時計技術の開発」(5月26日)
2013年第53回(2012年度)東レ科学技術賞、「光格子時計の発明と原子時計の超高精度化」(3月14日)
2012年2011年度 朝日賞(1月1日)
2011年科学技術分野の文部科学大臣表彰・科学技術賞・研究部門、「光格子時計の研究」(4月20日)
2011年第12回光・量子エレクトロニクス業績賞(宅間宏賞)、香取秀俊・高本将男、「光格子時計の開拓」(3月)
2010年第42回 市村学術賞・特別賞、「光格子時計の提案・実証による新たな原子時計手法の確立」(4月)
2006年第20回 日本IBM科学賞、「超高精度原子時計を実現する「光格子時計」の開発」
2006年丸文学術特別賞、「「光格子時計」手法による超高精度原子時計の実現」
2005年第1回日本学術振興会賞、「光格子を用いた超高精度・原子時計の開発」(3月)
2001年丸文研究奨励賞、「アルカリ土類原子の極低温・高密度レーザー冷却法の開発」

所属学会

日本物理学会、応用物理学会、レーザー学会

主要な業績等

[1] Yamanaka, K., Ohmae, N., Ushijima, I., Takamoto, M., and Katori, H., "Frequency Ratio of 199Hg and 87Sr Optical Lattice Clocks beyond the SI Limit", Physical Review Letters 114, 230801 (2015)

[2] Katori, H., Ovsiannikov, V. D., Marmo, S. I., and Palchikov, V. G., "Strategies for reducing the light shift in atomic clocks", Physical Review A 91, 052503 (2015)

[3] Ushijima, I., Takamoto, M., Das, M., Ohkubo, T., and Katori, H., "Cryogenic optical lattice clocks", Nature Photonics 9, 185-189 (2015)

[4] Takamoto, M., Takano, T., and Katori, H., "Frequency comparison of optical lattice clocks beyond the Dick limit," Nature Photon. 5, 288-292 (2011).

[5] Katori, H., "Optical lattice clocks and quantum metrology," Nature Photon 5, 203-210 (2011).

[6] Katori, H., Hashiguchi, K., Il'inova, E.Y., Ovsiannikov, V. D., "Magic Wavelength to Make Optical Lattice Clocks Insensitive to Atomic Motion," Phys. Rev. Lett. 103, 153004 (2009).

[7] Akatsuka, T., Takamoto, M., and Katori, H., "Optical lattice clocks with non-interacting bosons and fermions", Nature Physics 4, 954-959 (2008)

[8] Hachisu, H., Miyagishi, K., Porsev, S. G., Derevianko, A., Ovsiannikov, V. D., Pal'chikov, V.G., Takamoto, M., and Katori, H., "Trapping of Neutral Mercury Atoms and Prospects for Optical Lattice Clocks," Phys. Rev. Lett. 100, 053001 (2008).

[9] Takamoto, M., Hong, F.L., Higashi, R., and Katori, H., "An optical lattice clock," Nature 435, 321-324 (2005).

[10] Katori, H., Takamoto, M., Pal'chikov, V. G., and Ovsiannikov, V. D., "Ultrastable Optical Clock with Neutral Atoms in an Engineered Light Shift Trap," Phys. Rev. Lett. 91, 173005 (2003).

[11] H. Katori, "Spectroscopy of strontium atoms in the Lamb-Dicke confinement," in the 6th Symposium on Frequency Standards and Metrology, edited by Patric Gill (World Scientific, Singapore, 2002), pp. 323-330.(光格子時計の最初の提案)

[12] H. Katori, T. Ido, and M. K.-Gonokami, "Optimal design of dipole potentials for efficient loading of Sr atoms," J. Phys. Soc. Jpn., 68, 2479-2482 (1999).(日本物理学会第6回論文賞)

[13] H. Katori, T. Ido, Y. Isoya, and M. K.-Gonokami, "Magneto-optical trapping and cooling of strontium atoms down to the photon recoil temperature," Phys. Rev. Lett., 82, 1116-1119 (1999).